自己破産 


0_01_smile-04.jpgのサムネール画像 


 国が法律で認めた
借金を事実上ゼロにするという制度です。経済的に破たんして、払わなければならない借金が払えなくなってしまった人が自ら破産の申し立てをする ことを言います。 

 自己破産と聞くと「人生の終わり」のように重く、悪く受け止めてしまう方が多いですが、借金が帳消しとな
  り、リスタートをするため、新しい人生を歩むことができます。

 借金の返済に終われ苦しい日々から自己破産を申請することで解放され、取立ての無い楽しい人生をスタートして欲しいと思います。お気軽にご相談下さい。
   
 自己破産の流れ  
(1)弁護士から業者に受任通知書を発送
通知が業者に届いた時点で請求が止まります。
               矢印.jpg

(2)自己破産を申立
弁護士と打ち合わせをしながら申立書を作成し、管轄の地方
裁判所に提出します 
                                  矢印.jpg

(3)破産の審尋・決定
裁判官から今までの経緯についての質問や支払不能に関
する質問をされることがあります。
(弁護士も同席しますが、審尋は行われないこともあります。)
ホームページ用の写真(2) 0270014.png

                矢印.jpg

(4)免責の審尋・決定
裁判官から今までの経緯について質問をされることがあります。

1~2ヵ月後に決まります。(弁護士も同席しますが、審尋は行われないこともあります。)
                 矢印.jpg
(5)官報に公告
(6)免責の確定

  

自己破産のメリット

人生をやりなおすことができます。
返済が止まります。弁護士に依頼した場合、その時点で事実上返済する必要がなくなります。
弁護士に依頼した場合、その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。
免責が確定すれば借金の支払義務がなくなります。
 

自己破産のデメリットとは?

×マイホームや資産価値の高い車などは手放すことになります。
×免責許可決定が確定するまでの間は一定の職業に就けなくなるなどの資格制限があります。
×ブラックリストに登録されます。
   但し、金融機関のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます。
×官報に掲載されます。
   ※官報に破産の手続きをした日時と住所・氏名、手続きをした裁判所等が記載されます。 
   但し、一般の人が官報を見る機会はあまりないといえるでしょう。



ImgTop1.jpg
事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用