総量規制に関して

0_01_smile-04.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 2010年6月から総量規制が始まりました。総量規制とは、消費者金融等から借入のできる金額を 
 年収の1/3までに制限
するということです。

 そして、1社からの借入限度額が50万円を超える場合や複数の貸金業者からの借入額合計が100万円を 
 超える場合、収入証明書を提出しなければならなくなります。そのため、既にクレジット会社等から所得証明 
 の請求を受けている方もいらっしゃると思います。総量規制が開始されると、既に年収の1/3を超える金額
  を借りている場合、追加でお金を借りることができなくなりますので、生活をすることが困難にな
  る場合がございます。


自分は該当しないのではないか?という認識をされている方は多いですが、貸金に関する協会・団体の統計によりますと40~50%の方が対象となるのではないかと推測されており、決して他人事ではないといえます。
 

そのため、生活を維持するためにも、できるだけ早い段階で自己の借金の総額を把握し、自己の年収と比較することで総量規制以降の状況を把握することが大切です。


まずは、生活が維持できないといった大変なことになる前に専門家に相談し、過払い金の返還請求や債務整理といった法的な処理をすることで、そのような状況を防ぐことができるかもしれません。不安やストレスから解放されるためにも、専門家へご相談ください。

各債務整理の方法をご説明させていただきます

自己破産 任意整理 個人再生 過払い


ImgTop1.jpg
事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用  ■相談事例