借金の取り立てを止める方法 


「借金をしたけど,返せなくなって催促が止まらない。」
「毎日毎日,電話がかかってきて不安で夜も眠れない。」  
債務は,返済できるのであれば自力で返済するに越したことはありません。  

しかし,どうしても自力での返済が困難な場合に,うんざりするような取り立てを止め,新しい生活を始めるには,弁護士のサポートを活用しましょう。  弁護士に債務整理を依頼すると,弁護士は債権者(金融業者等)に「受任通知」という書面を送ります。  

この受任通知には,通常,当該債務整理については弁護士が依頼を受けたこと,したがって,今後の連絡等については弁護士に対して行うように求める旨の記載が記されています。  

そして,貸金業法21条1項9号では,弁護士等から受任通知を受け取った債権者は,直接債務者に対し取り立て行為等を行うことを禁じています。  

 

つまり,弁護士からの受任通知が送られると,債権者からの直接の督促や,電話はストップするのです。  

以上の様な受任通知の効力は,弁護士等の法律家からの書面によることが条件とされており,一般の方が書面で停止をお願いしたからといって止まるものではありません。 債権者からの厳しい取り立てや督促に悩まれている方は,一度,弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。

各債務整理の方法をご説明させていただきます

自己破産 任意整理 個人再生 過払い


ImgTop1.jpg
事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用  ■相談事例